記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパインはビタミンCが豊富なのか?

パパイン成分


パパインは熱帯アメリカ原産の果物です。

未熟果実だとか葉から汁を抽出しれから乾燥して
生成された消化酵素ですね。

実はこの成分、熟れたパパイアには含まれないのです。


パパイン酵素


主に肉の消化に有効な働きを行います。
その他脂肪分解酵素「リパーゼ」とか
糖分分解酵素「アミラーゼ」があって、


脂肪細胞に影響を与えることはなくて
脂肪細胞をしっかり分解する働きがあります。


なので肥満や高脂血症にも有効です。


悪玉コレステロールを抑制し
動脈硬化や糖尿病、脂肪肝の防止にも役立つとされている。

溶けて液状化した脂肪は燃焼しやすいから
わずかな運動でも効率よく脂肪を減らすことができる。


な上、アミノ酸を効率よく吸収する働きがありますが、カロリーはバナナの約半分と低いため、ダイエットを目的としたサプリメント等にもよく使用されています。



パパインとはパパイヤに含まれるタンパク質を分解する酵素


分解力は非常に強く、
タンパク質と名の付くのもであれば何でも溶かしてしまうのです。


ヒゲの主成分はタンパク質なのでこれを分解するために配合されています。

しかし、ヒトの皮膚もタンパク質でできておりヒゲを分解すると同時に皮膚まで分解してしまいます。パパインの強い分解力から肌を守るためにここで紹介している様々な成分が機能しているのですね。


つづく

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。